さて、オールスターも終わり、ペナントレースもいよいよ後半戦のスタートです。

 
後半戦は、いきなり苦手ヤクルトとの三連戦となりましたが、案の定惨敗スタートとなりました。
 

 

先発の久保が誤算の乱調

中畑監督が、後半戦の開幕投手に選んだのは、エース久保。シーズン開幕当初は、安定しない試合が多かったのですが、ここ数試合は本来の安定した投球を見せてくれて、今のベイスターズでは一番計算できる投手です。
 
その久保が、いきなりやらかしてくれました。
 
初回からヤクルト打線につかまり、2イニング7失点の大乱調。前半戦を首位で折り返し、その勢いのままオールスターでもベイスターズの選手たちが活躍し、満を持しての後半戦スタートで、この結果ですから、観に行ったファンは怒り心頭だったでしょうね。
 
ただ、7失点で四球は一つだけだったので、責任の半分は黒羽根にもありました。
 
相変わらずの単調なリードで、ヤクルト打線に狙い球を絞られ、なす術もなく打たれまくったわけです。もう少しリード面を勉強しなければ、3人の捕手併用は今後も続くのだと思います。
 
 

ベイスターズ打線は好調をキープ

良かった点といえば、2点を先制された初回に、筒香が目の覚めるような同点2ランを打ったことでしょう。太ももの怪我によって戦列を離れた以降、ヒットは出るものの、なかなか本塁打が出てくれませんでした。
 
もしかしたら、オールスター戦でのホームラン競争で、何かコツみたいなものを思い出したのかもしれません。真ん中低めの球を、自分の軸をブラさずにクルッと回転させて放った一発は、理想的な打ち方から生まれた本塁打でした。
 
試合は、6回以降に小刻みにベイスターズが加点し、ジワジワと追い上げたものの、力及ばず。得点シーンでのタイムリーによる得点が少なかったのが勢いに乗れなかった原因でしょう。
 
連打でランナーをためても、内野ゴロの間でしか得点できなければ、試合の流れをつかむことはできませんでした。
 
 

ベイスターズ的まとめ

せっかく前半戦最後の連勝で5割復帰したんですから、いくら苦手ヤクルトとはいえ、このまま負け続けるわけにはいきません。
 
とりあえず3連敗を防ぐ1勝。
 
今日の先発は、今シーズンヤクルト戦で結果を残している三浦です。何とか1勝、カード勝ち越しのためにも是が非でも負けられません。
 
期待しましょう!